ダリング判別方法 べ~ぶるの試行錯誤

買ったスノーボードにダリングが施してあるかどうかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「ダリング済み」と謳ってなければされていないと思っていいでしょう。わたくしなど「ダリング済み」といわれてもどの程度なのか確かめずにはおられません(^_^;)

ダリングという言葉も初めて聞くという方にはどうやって判別するのかすら難しく思われるでしょうね。

Sponcerd Link

判別方法

ソールガードのところでも触れましたが、「エッジは刃物」です。刃物には「切れる刃物か」「ちゃんと研げているか」を確認する方法があるんです。

その方法に道具はいりません。手指の爪を使います。

エッジに爪の表面を軽く押し当てて、垂直方向に引きますと、研げている刃物は爪に引っ掛かります。なまっている(ダルい)刃物は爪が引っ掛かりません。これは魚釣りをされる方もよくされますね。釣り針の先を爪に当てて滑らせる。研げている針先は爪の表面に引っ掛かります。研げていない釣り針は爪の上を滑ります。

文章だけではわかりにくい、という方や、理解しないままやって爪の生え際をケガされてはたまりませんので画像を載せておきます。

エッジが研がれているか、反対にダリング(なまっている)か確認する方法

爪をエッジに押し当てたところ

画像の状態から、この画像では、下方向に爪をまっすぐ動かします。ダリングされているものは爪が引っ掛かりません。モデルは12 YONEX SMOOTH T 148です。言葉で表現してもわからない、という方のために動画も撮りましたのでUPします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

つぎのページは、超簡単ダリングの方法 です。

ダリングについては、BURTON SE7ENCUSTOM FLYING V 11-12 に作業したページがありますので、興味あればご覧ください。

← もどる カテゴリーマップ サムネイルギャラリー すすむ →

Sponsored Link